2012年7月24日火曜日

avenge vs revenge 違いが分かるか?



avengeもrevengeもともに「復讐する」ことで元の名詞はvengeance(復讐)である。現代の用法では、avengeもrevengeも大きな違いは見られない。だが、ここはという表現になると、その違いが明確になる。すなわち、avengeは「仇討ち」あるいは「正義のための当然の復讐」である一方、revenge「憎悪など個人的な動機による復讐」との意味で使われる。

その違いが、コロラド州デンバー近郊オーロラの映画館で起こった銃乱射事件の報道でも明確になっている。

YahooのLookoutニュース(7月23日)は、こう報じた。The brother of Jessica Ghawi was not present on Monday for suspected shooter James Holmes' first court appearance because he feared he might try to avenge his sister's death.(犠牲者ジェシカ・グアーィさんの弟は月曜日、容疑者ジェームズ・ホームズの初出廷に出席しなかった。なぜなら、彼は姉の敵討ちをしやしないかと恐れたからだ)と述べている。
弟のジョーダンさんは実際には、"I was afraid that I may try to get my hands on that man”(私はあの男に手をかけてしまいそうなのが怖い)といったという。記者の側では、その気持ちを察して、もし彼が復讐したとしても当然だろうと心の中で同情たといえる。
ところで、裁判所では、Holmes appeared dazed as a judge told him he would be held without bond on suspicion of first-degree murder.(裁判官が第1級殺人の容疑で保釈はないと言い渡すと、ホームズは呆然としていた)という=写真。

一方、今回の事件で、ホームズの動機について、Was Mass Murderer James Holmes Mentally Ill Or Seeking Revenge?(大量殺人犯のジェームズ・ホームズは精神障害か、復讐を求めたものか)と多くの人が疑問を投げかけている。

ボストンのノースイースタン大学の犯罪学教授のJames Alan Foxは、MSNBCに対してこう述べている。
“They basically want revenge. Contrary to the common misperception that these guys suddenly snap and go berserk, these are well-planned executions.”(大量殺人犯は基本的に個人的な復讐を求めている。この連中が突然ポキッと折れて凶暴になるというのは間違った考え方で、これらは用意周到に計画された死刑執行なのだ)と。
Holmesが、いかに用意周到に準備し、防弾チョッキまで着て犯行に及んだことや、残された家にはbooby trapまで仕掛けられていたことを考え合わせると、His madness might be just a disguise for insanity defenseと考えられる。